「人生の楽園」ご視聴ありがとうございまし!

 

 

今月21日(土曜日)テレビ朝日の「人生の楽園」にて金澤寿しをご紹介いただきました。

R0017686全国放送だったこともあり多くの方からコメントやメールをいただき、しばらくお会いしてなかった方々からも

「見たよ~!」ってご連絡おいただきました。

ご覧いただいた皆様ありがとうございました

全国の皆さんから声援の声も沢山いただきました。もう後に引きさがることもできなくなりました(笑)

テレビをご覧になったお客様がお越し頂いて、思ったよりも面白くない、美味しくなかったと失望される事の無いよう、スタッフ一同、気持ちを新たに益々お客様に喜んで頂けるよう頑張る所存であります。

R0017774どうか金沢にご旅行を計画頂き金澤寿しをぜひコースに組み込んでいただきますようお願い申し上げます。

最後に今回取材させて頂いたお取引関係の皆様、また、わざわざ東京から取材に来て頂いたクルーの皆様、ありがとうございました。

私達でお役の立つことがあれば、今度は私たちがお手伝いさせて頂きます。

 

いしかわブランド

今日は石川県地場産業振興センターで行われた

「MADE  IN ISHIKAWA」

~ISICO支援制度活用成果品展~

に試食販売に行ってきました。

何を隠そう「金澤寿し」は「いしかわブランド」に認定して頂いているんです(笑)

R0017915石川県産業創出機構が主催し、毎年何社かがエントリーをし、優秀商品にはプレミアムブランドの称号が与えられ機構から様々な支援が受けられます。それ以外に、石川県を代表するにふさわしいと認定された商品には、「石川ブランド」として商品開発、販売をすることを許されるのです。

私たちのお寿司の中にもプレミアムブランドを取られた、スギヨさんのカニかまぼこ「かおり箱」が入っています

そんなご縁で今回、試食販売をさせて頂き1月26日までの間、みなさんの商品と共にパンフレットをおかして頂いて多くの方にご覧いただけるようになっています。

私たちの商品は日持ちがしないんで現物を出品することがでいないんです(涙)

どうかお近くにお越しの際には、ぜひ地場産業振興センター本館に足をお運びください。

今後、石川県の顔となりうる商品が所狭しと展示されていますよ

sp。お蔭さまで試食販売は好評につき完売することが出来ました、お越しいただいた皆様ありがとうございました

次回は東山のお店でお待ちしております

 

人生の楽園

この度、テレビ朝日の「人生の楽園」に出演させて頂く事になりました。

色々なご縁がご縁を呼び東京のテレビ局の方々とのご縁を結んで頂きました。誠に感謝しております。

とは言え、田舎者の私達が全国放送のテレビにどんな顔して映ればいいのやら、普段通り自然体でと言われれば言われるほどぎこちなくなる自分を感じていました(笑)

でも、金澤寿しを知って頂きたい、金沢の食文化を全国の人に感じて頂きたい、その思いだけは伝えたいその一心でカメラの前に立たせて頂きました。

さて、どんな内容になったのか私達にもわかりませんがドキドキしながら放送日を楽しみにしています。

R0017789

(東京からわざわざ撮影に来てくれたスタッフの皆さんとパチリ)

どうか皆様もお時間の都合がつきましたらぜひ、金澤寿しのスタッフの引きつった顔をご覧いただきたいと思います。下手なお笑い番組よりも笑えるかもしれませんよ(笑)

それでは皆様テレビの中でお会いしましょう

 

 

 

 

 

 

食材生産者さん訪問 西澤農園さん

私達の押し寿しで本来、金沢では入れない食材が一つ入っています。

食材の検討会議では賛否両論、喧々諤々の意見が出たのが加賀野菜の一つ五郎島金時芋です。

R0017025しかし、試作を繰り返しているうちに「これは美味しい」と商品化されました。

お寿司にお芋?と思われる方も多いと思いますが、当店の笹寿司でもこの五郎島金時は人気商品になっています。

嘘のようなホントの話

と言うわけで、今回は金沢市の郊外にあります五郎島地区の西澤農園さんにお芋見学に行ってきました

ご存じのとおりサツマイモの収穫時期は終わっているんですが出荷作業を見学させて頂くことが出来ました。

やっぱり何事も現地に足を運ぶって大事なことですね。たかがお芋、されどお芋!

知らない事ばかりでした。

R0017753この写真は丁寧に砂が払われた後にお芋さんのひげ根を焼いて綺麗にしているところです。

そしてこの後、なんと消費者のニーズに合わすため、大きさ形で31種類に仕訳さ、作業所内にある冷温貯蔵庫に入れられ出荷を待つそうです。

R0017741スタッフのみなさんは大地からの恵みを我が子のようにそれはそれは丁寧に扱っておいででした。

その姿を見て私達も美味しくなあれ、美味しくなあれと言いながらお寿司を作らんなんと、改めて感じた一日でした。

 

 

 

食材生産者さん訪問 伊藤九商店

日頃金澤寿しで使わせて頂いている食材の生産者さんを直接訪ね、製造過程を見せて頂き、直接お話を聞きに行こうと言うことでスタッフ一同研修に行ってきました。

金澤寿しで使用する食材の中でも最も変わり種はふぐの卵巣の糠漬けではないでしょうか。

猛毒の卵巣がどうして無毒に変わるのか昔から興味津々だったんです

お願いしたのは美川町にある伊藤九商店さん、こちらの若奥様と主人がサラリーマン時代の先輩後輩関係にあり無理なお願いを快く引き受けてくれました。

春に取り出したふぐの卵巣は塩漬けにされ一年間寝かせるそうです。

R0017682すると写真のように中の水分が出て、まるでお風呂に入っているようですが元は水分は

一滴も入れてないそうですよ、(@_@)

これにまたまた、塩をたっぷり振りかけ樽に詰め、周りから魚醬を少しずつ差し入れて蔵の中で1年寝かすそうです

R0017724ですから私達の手元に届くまでに最低でも2年間はかかっている事になります。

そう思うと愛おしさが増し、この伝統文化をぜひ、皆さんにお伝えしなければと使命感に燃えるスタッフ一同でした

 

新たな「おもてなし」を考える、セミナーに参加①

写真 2013-11-19 14 49 13北陸三県の新聞社主催のセミナーに参加してきました。

あの、日本で一番予約の取れないイタリアンレストランのオーナーシェフの落合務さんが講師だったので何

か美味しいパスタでも食べれるかも?と淡い期待をいだきながら参加させていただきました。

さすがに一流のシェフのお話、作り方とかよりも、いかに   素晴らしい食材を」手に入れる。

それが味の決め手になるそうです。

私らならどお味を付けようか考えるところを素材の味をいかに生かそうかと考えるところはやっぱ一流でした。

最後は記念写真をおねだりしても、いやな顔一つせずやっぱり一流の紳士です。

写真 2013-11-19 16 05 25次回お会いする時はシェフのお店お料理を頂きながらお会いしたと来年の目標にしました(笑

 

 

 

 

 

冬の味覚の王様、解禁!

北陸の冬の使者やが金沢の食卓にやってきました

R0017676そうです!加能ガニ、全国的にはズワイガニって言われてますよね。

でも、金沢市民に一番なじみがあるのは、なんと言ってもメスの香箱ガニです。

昔、私が娘だった頃は、(そんな時代もあったんです)香箱ガニがおやつ代わりに食べたものでした。

遠い昔の話やけどね(笑)

さて、我が家でも初物の香箱ガニ、こうて帰ろ。

今夜はやっぱり熱燗やろね

 

 

金沢の冬支度始まりました

blog1

金沢の冬の訪れを伝える兼六園の雪つり作業が唐崎の松から始まりました。

この作業が始まると金沢市民は「もうこんな時期なんやねぇ、そろそろ冬支度せんなんわ」と言うほど生活に密着した行事です。 そもそも雪つりは雪の重みから枝を守るために施されますが、別名「リンゴ吊り」と言われ、明治期に金沢市内でリンゴ栽培が盛んに行われ、たわわに実ったリンゴから枝を守るために行われてのが始まりと聞いとります。 その当時をしのぶ海棠リンゴの老木が文化ホールの後ろに今でも可憐な花をつけ、たわわに可愛い姫リンゴを付けています。 その技術を応用したものが現在、金沢の冬の代名詞となっている雪つりですが地球温暖化とかで金沢でも積雪量が少なくなり、観光客の方から「雪の積もった景色を見に来たのに」と残念そうに言われることも多々あります。 でも、雪つりの幾何学模様はやっぱり素晴らしく雪がなくとも金沢の冬のシンボルです。 ぜひ、冬の金沢にお越しください。 そして夜、運よく?雪がシンシンと降っていたら早起きをして兼六園に行ってみてください。 雪つりの上に綿毛のように雪が乗っている光景を見ることが出来ると思います。 それこそ本来の雪つりの姿であり、思わず息を呑む景色だと思いますよ。 これから雷が鳴り、おっそろしい季節がやってくっけど、ハワイのことわざに「雨が降るから虹が出る」と言うのがあるそうです、金沢も鉛色の雲に押しつぶされそうになっけど、その代わり食べ物は、たっだ美味しなる季節を迎えます。 それでは食いしん坊の皆様のお越しを心よりお待ちしております(笑)